サプリメント

活性酸素を適量に保って健康維持【老化しない身体の維持】

抑制させることが大事

栄養補助食品

体に及ぶ悪影響

活性酸素は必要な量を超えてしまいますと、体に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。ある程度の量は体に必要とされるのですが、その量を超えてしまうことで細胞を錆びさせてしまい老化の原因につながってしまいます。そのほか疲労を感じやすくなり、常に重だるく感じてしまうようになることもあります。そうならないようにするためにも活性酸素を抑制する方法を行なうことが大切です。活性酸素を抑制させる効果として行なうことができる方法は、抗酸化作用の効果のある食材を摂取したり、そのほか生活習慣をしっかりと改善させることも大事ですし、睡眠をちゃんととることでも方法として適しています。抗酸化作用の効果のある食材ではポリフェノールが含まれたものを摂取していくと良いといわれています。

病気にならないために

活性酸素は体内に増やしすぎると老化につながる原因となるといいましたが、ほかにも病気を発生させてしまう可能性も出てくるのです。癌や心筋梗塞、動脈硬化など、活性酸素が関与する疾患はいろいろとあります。そもそも活性酸素が増えてしまう原因は一体何なのか、その理由の1つとしてではストレスが原因といわれています。ストレスを溜め込んでしまうことによって精神的にも肉体的にも負担をかけ、とくに弱い部分に攻撃されるといわれています。たとえば喘息で肺が弱ければ息苦しくなることもありますし、常にいの痛みを感じる人はストレスが溜まるたびに胃がきりきりと痛く感じるという人もいます。現代はストレス社会とも呼ばれていますからそのストレスを緩和させていく方法を見つけるのも手段となります。

目に効く成分

眼精疲労

ビルベリーはブルーベリーの一種で、北欧で採れるものが特にアントシアニンを多く含むことがわかっています。視機能の改善のほか、さまざまな体に良い効果があるとわかっており、最近ではサプリメントという形で手軽に摂取可能です。

眼精疲労に効く成分

目の疲れ

アントシアニンにはロドプシンの再合成を助ける働きがあり、眼精疲労や視力回復に効果があるとして、サプリメントの成分によく使われています。ブルーベリー以外にも、ビルベリーやカシスベリーなどが、目に良い効果があるとして注目されています。

体の中から健康になる

男性

オリゴ糖は消化作用が低く、大腸にまで届く小糖類で、善玉菌の食糧となるため、善玉菌を増殖させて便秘を解消する効果があります。天然のものから人工のものまでさまざまな種類があるため、用途を確認したうえでの摂取が肝心となります。